Excelで開発タブを表示させる方法

最終更新日

Comments: 0

マクロを使うために必要となってくる開発タブを表示させるための方法を学んでいきましょう!

開発タブを表示させる

Excelで開発タブを表示させているときのデモ画像

マクロやVBAツールを使うためにはExcelの開発タブを表示させる必要があります。

しかしながら、この開発タブはデフォルトでは非表示の設定になっているため、必要ならば表示させるように設定しなければなりません。

ファイルタブをクリック

まずはファイルタブをクリックしてみましょう。

Excelのファイルタブの場所を示すデモ画像

オプションをクリック

次にオプションボタンをクリックしましょう。

Excelのオプションの場所を示すためのデモ画像

リボンのユーザー設定をクリック

次はリボンのユーザー設定を変更させるためのボタンをクリックします。

 

Excelでリボンのユーザ設定を変更させるボタンを示すためのデモ画像

開発という項目にチェックを入れOKボタンをクリック

開発という項目をチェック済みにしたらOKボタンをクリックしましょう。

これでマクロに必要な開発タブが表示されるはずです。

Excelの開発という項目の場所を示すためのデモ画像

 

参考

Show the Developer tab

Automate tasks with the Macro Recorder

マクロ記録で作業を自動化する

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする