新しいブックを作成する

最終更新日

Comments: 0

Excelを使ってあなたが持っているデータを管理するためには、まず最初にブックを作成する必要があります。

ここでいうブックとは、Excelでデータを管理するときに使う一つのまとまりみたいなもので、データ整理の一連の作業として保存しておくためのワークブック(Workbook)のことです。

※VBAの道
Excel VBAではブックにかかわる操作をする場合、Workbookオブジェクトというものを指定して操作します。したがって、Excelにおいて新しい「ブック」を作成するというときには、「Workbookオブジェクト」にかかわる作業をしていると読み替えておくとExcel VBAの学習がスムーズになります。

参考→

「新しいブックを作成する」手順

Excelを開く

まずはExcelを開くためのExcelアイコンを探しクリックしましょう!
Excelのアイコン

Excelはタスクバーやスタートメニューを探すと見つかるでしょう。もし、Excelを購入・導入していない場合にはマイクロソフトのOfficeストアなどを通じて購入を検討してみてください。

Excelのアイコンはバージョンによって若干異なります。ご自身の環境にあったExcelを開いてみてください。

空白のブックを開く

Excelを開いて最初に表示される画面 空白のブックを選択

Excelを使ってデータを管理するときは、多くの場合で「 空白のブック 」と呼ばれる空のブックが使われます。

したがって、まずは「 空白のブック 」を開くようにしましょう。英名では「 Blank workbook 」というものです。

使用したいブックの選択画面で、 Ctrl + N コマンド を入力することでも「空白のブック」を開くことができます。

Excel 空白のブックを表示

するとこのような何もデータが入力されていないまさに空白のブックが表示されます。

ブックを名前を付けて保存する

次は新しく開いた空白のブックに名前を付けて保存してみましょう。

Excelファイルを名前を付けて保存する流れ(GIF)

画面右上の ファイル という項目を選択し、その後に表示される画面の 名前を付けて保存 という項目をクリックします。

その後、デスクトップやドキュメントなど自分がわかりやすいところに任意の名前を付けて保存します。保存先のフォルダを選択したいという場合には「 参照 」というボタンをクリックし、ワークブックを好き名前で保存しましょう。

なお、Excelファイルとしての拡張子は「 .xlsx 」となります。したがって、 foo.xlsx という名前や bar.xlsx などという名前になるということです。

ワークブックをExcelファイルとして任意の場所に保存しておけば、後からファイルをロードして編集したりすることができます。逆に保存済みでなければ作業していたデータが意図せず消失してしまうことにもつながります。

大切なファイルはこまめな保存(上書き保存)を心掛けたいですね。

ちなみに、ファイルの保存はコマンドキーの Ctrl + S でも行うことができます。

※VBAの道
単にExcelファイルとして保存するときは「.xlsx」という拡張子ですが、ExcelにVBAを使ったマクロプログラムを含むファイルとして保存する場合には「.xlsm」という拡張子になります。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする