【Windows10】Audacityでerror opening sound deviceと表示される場合の対処法

最終更新日

Comment: 1

無料の音声編集ソフトとして有名なAudacityをWindows環境下でたまに使っているのですが、Windowsアップデートを行ったいつの日からか、なぜかいつも同じエラーが出て困っていました。

Windowsアップデートを行った後はだいたい何かしらの設定を変えられたり、新たな設定項目を増やされたりで不具合が起こることがあるので、どうせまた何かが変わったんだろうなと若干の腹立たしさを感じていました。

今回出現したエラーはAudacityで音声録音をしたときに表示されたものです。ちなみに正確なエラーメッセージは以下のものです。

Error opening sound device.
Try changing the audio host, recording device and the project sample rate.

 

 

 

 

 

エラーメッセージに加え、スクリーンショットは上のとおりですが、画像右下にある青色のはてなマークをクリックすると、しっかり該当エラーページを説明するWebページ(ローカル)に飛ぶ仕組みになっています。(←意外と親切ですね。)

クリックして表示されるものはインストールしたAudacityディレクトリ内のhelp下にある該当ファイルが表示されるわけですけど、オンラインマニュアル的にはリンク(URL)は以下のもので、飛び先のWebページをスクショした以下のページが表示されます。

https://manual.audacityteam.org/man/error_opening_sound_device.html

 

 

 

 

それで、マニュアルの内容を読んでもらって、書いてあることを色々試すんですが、何をやってもダメ。マイクも入っているし、おかしいなぁと思っていたら、Windows10ではマイクのプライバシー設定なるものがあることに気づきます。今回のエラーが出る場合がWindows10環境であるならば、原因はおそらくマイク設定がオフに設定されているためです。

ということで、オフ設定になっている方は、オンにしてマイクを使えるように許可を出しましょう。マイクを使わなくなった後は再びオフに直しておいた方がいいような気がしますが、そのあたりは個人の価値観なのかもしれませんね。

マイクのプライバシー設定の変更方法はMicrosoftのページによると

マイクを使うことができるアプリを管理する方法
スタート  に移動し、[設定]  > [プライバシー] > [マイク] を選択します。
好みや必要性に応じて、[アプリがマイクにアクセスできるようにする] を選択します。
[マイクにアクセスできるアプリを選ぶ] で、個々のアプリとサービスの設定をオンまたはオフにします。

https://privacy.microsoft.com/ja-jp/windows-10-camera-and-privacy

上の手順でできるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Windowsマークを右クリックして、検索を選び、検索欄にマイクと打ち込んで、マイクのプライバシー設定を選ぶのも早くてオススメです。プライバシー設定の項目をクリックしたら、後はアプリがマイクにアクセスできるようにするという項目のスイッチをオンにすれば、無事録音入力ができます。

 

Windows10でAudacityに限らず何かのソフトでマイクを使うときは、マイクのプライバシー設定をオンにして許可を出すということを忘れないようにしたいですね。

シェアする

1件のコメント

  1. 感謝です!
    Windows10の個人情報収集に嫌気が差して、プライバシーの項目を片っ端からOFFにしていたのですが、まさか落とし穴があったとは…
    僕も同じ問題に遭遇していましたが、これで解決しました。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする